シネマとキリスト教音楽


映画に登場する賛美歌やキリスト教音楽の紹介です。シネマには、キリスト教のテイストがいっぱいです☆
by mt-musique
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「炎のランナー」 賛美歌『神はわが力』『Jersalem』

c0045169_2291045.jpg

1年でもっとも時間のあるこの時期。昨年の秋・冬にたまりまくったハードディスクレコーダーに録画済みの映画やオペラを観ている。次年度の講義準備も兼ねて、久しぶりに「炎のランナー」を再鑑賞した。音楽をメインに鑑賞すると、以前は気づかなかった要素がたくさん発見出来て楽しみも2倍である。

映画の舞台は1920年代のパリオリンピック。20世紀に入って19世紀末芸術や文化も終わりを告げ、ロシア帝国の終焉や第1次大戦を経験した不安な時代のヨーロッパ。ケンブリッジ大学に入学した秀才ユダヤ人青年エイブラハムと、もう一人はスコットランドの宣教師の息子で自身も宣教師のエリック。中国で生まれ、彼もまた中国への宣教に向けて燃えている。この二人がオリンピック出場へ向けて、それぞれに紆余曲折を経ながら闘志を燃やす。
19世紀から20世紀へかけての風俗は過剰なほどに美しい。今ちょうど鑑賞中の「赤い風車(いわゆるムーラン・ルージュ)」では19世紀末から20世紀へ移り変わるパリの様子と、画家ロートレックの生涯を扱っている。あのパリのエッフェル塔が完成したのが、1889年のパリ万博だと言うと時代の想像もしやすいだろうか。

時にフランスのシネマよりも英国映画が好きだ。どこか控えめでどこか分かりやすい部分が好みなのかも知れない。この映画はキリスト教の信仰や知識と、そしてスコットランドへの愛情や知識がある人にはなお楽しめる。ユダヤ人青年エイブラハムが日常的・間接的に受けている人種差別と苦悩、そしてスコットランドの美しさ。あの特有のグリーンは何とも言えない。気候が創り出す美しい丘や山々がつらなる。世界遺産エディンバラの魅惑あふれる街並みも、2度訪ねたものにはたまらない。

音楽をメインに観ていくと、新たな発見がいろいろあった。あまりにも有名なヴァンゲリスのテーマ曲であるが、改めて観ると音源のせいなのか、ある時代のもの・・という感は否めない。新しいアレンジで聞いたみたい気もした。
ケンブリッジ大学内(実際は別の大学で収録されたそうだが。詳細はこちらのサイトへ)チャペルで聖歌隊によって歌われるアレグリのミサ曲。ウェストミンスターの少年聖歌隊を思い起こした。
ある食事の風景で背景に何気なく品のよいリードオルガンが映っていた。その後しばらくして、今度は礼拝でリードオルガンの奏楽だった♪ 歌われていた曲は『神はわが力(Duke Street)』讃美歌21・457である。
スコットランド対フランスの競技シーンでは、さり気なくバグパイプによるフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』が奏でられ、ラストシーンでは賛美歌『Jersalem』がパイプオルガンの奏楽の元に壮大に奏でられて終わりを告げる・・。この曲は、英国の歌手シャルロット・チャーチのディスクにも収録されている。

英国の美しさと共に、アカデミズムのヒエラルキー、国家と個人・宗教の関係、また英国は「アングロサクソンとキリスト教徒の国」という課題も見事に浮き上がらせた名作。
ちなみにタイトルの「Chariots」は、黒人霊歌でも『Swing low,Sweet Chariots♪』と歌われているが、戦車や馬車のこと。ユダヤの民にはなじみのある単語である。
[PR]
# by mt-musique | 2006-02-13 22:48 | Hymn(賛美歌)

「Wの悲劇」 ヴェルディ『レクイエム』、フォーレ『レクイエム』

c0045169_113444.jpg

演劇部に所属していた高校生の頃、友人たちと仙台まで出かけて鑑賞した「Wの悲劇」を久しぶりに観た。観ようと思ったきっかけは、スカパー!で放映されて見かけた時にヴェルディの『レクイエム』から「ディエス・イレ」が使われていたからだ。ちょうど先日の今年度最終講義でもヴェルディの『レクイエム』を紹介したのだが、その時は邦画「バトル・ロワイヤル」のオープニングを紹介した。
高校生の頃は、おそらく挿入曲が何であったかは分かっていなかっただろう。今回全編を見直して、キリスト教音楽ではヴェルディ『レクイエム』から「怒りの日」、フォーレ『レクイエム』から「サンクトゥス」が用いられていた。どちらも短いフレーズではあるが、効果的に使われている。キリスト教音楽ではないが、サティの「ジムノペディ1番」も度々登場する。

原作は夏樹静子氏によるもので、映画のタイトルと作品中の舞台劇タイトルでもある「Wの悲劇」とは、舞台上では和辻家のW,そしてWomenのWの2つをかけている。さらに映画では俳優たちを取り巻く事件の「W」にもからめていく・・。高校生ながらに息を飲んで鑑賞した作品だ。舞台と登場人物の日常生活が交錯する様子が面白い。

キリスト教音楽が登場するのは、舞台上の主人公和辻摩子(高木美保、後に薬師丸ひろ子)が「私、おじいさまを殺してしまった。刺し殺してしまった!」と絶叫するシーンで、あの有名なヴェルディ・レクイエムの「怒りの日」が使われる。そして舞台上のラストシーンで、摩子の母(三田佳子)が夫を殺害し自らも自害する・・というシーンで、あまりにも美しくフォーレのレクイエム「サンクトゥス」が登場。「♪ホサンナ・インエクセルシス・・♪」と盛り上がったまま舞台もクライマックスを迎える。

クラシック以外の音楽は、久石譲氏が担当している。これがデビュー作となる高木美保は美しく、若き日の世良公則もイケてない男性を好演。
[PR]
# by mt-musique | 2006-01-27 01:10 | ミサ曲

ソフィーの選択

c0045169_10273437.jpg

Alan J. Pakula アラン・J・パクラ(1982)
Meryl Streep メリル・ストリープ(Sophie_Zawistowska)
Kevin Kline ケヴィン・クライン(Nathan_Landau)
Peter MacNicol ピーター・マクニコル(Stingo)

恐らく名作の1つであると言えるのに、今まで何故か一度も観たことがなかった。とにかくメリル・ストリープが美しい。それに反して強制収容所での囚人生活の様子は、彼女の面影がほとんどないままに変わり果て演技とはいえ素晴らしい。
視点は主人公のアメリカ青年スティンゴであるようで、実は全編ソフィーの視点なのかもしれない。強制収容所のシーンもどこか女性的な視点で描かれていて、(ルドルフ・ヘスが登場しているのに)他の映画作品のようなパンチはあまりない。もっとも私には分かりかねるが、特にナチスドイツや戦時下を描く時、時代的な描き方や手法の変遷のようなものもあるのだろう。最近のポーランドが舞台の戦時下の作品を観るとき、以前よりもさらに踏み込んで書かれていることが多いように思う。

音楽は、残念ながらこのブログのテーマのキリスト教音楽はほとんど登場しない。初めの頃にピアノ曲が数曲流れているが、それらはどこかポーランド出身のショパンを思い起こさせ、雰囲気によく合っていた。いちばん印象に残った音楽はベートーヴェンの第9シンフォニーを聴きながらネイサンが自分で指揮のポーズを取るシーン。

主人公はポーランドからアメリカに渡ったソフィー(メリル・ストリープ)、ソフィーの恋人でユダヤ人のネイサン、そして二人の親友になりアメリカ南部出身のスティンゴ。この3人は非常に役柄にはまっている。他はアウシュヴィッツ強制収容所のシーン以外はほとんどこの3人が中心に描かれている。ソフィーの美しさの影に隠れた戦時下の悲劇と現在の苦悩、それがある故にどこかクレイジーなネイサンに惹かれ最期まで離れられない様子が哀しくも美しく描かれている。

個人的には複数の言語が登場するので興味深かった。英語、ポーランド語、ドイツ語・・など。ソフィーはポーランドでは「ゾーシャ」と呼ばれるようだが、英語読みの「ソフィー」とは聞いたニュアンスもまた違う。
ソフィーとネイサンは英国のディケンズならぬアメリカの詩人エミリ・ディキンソンの詩集がきっかけで互いの思いを通わせ合うようになるが、母国語で互いに朗読するシーンが静かで印象深い。米語で・・ポーランド語で。それは例えば戦時下の日本やドイツや他の国々が、「侵略」していった国に自分たちの言語を強制していたのとはまったく対極にある。
きっと「平和」はこのようにささやかな日常からゆっくりと作り出されていくのだ。多様な言語や文化を認め、知っていくことで「自分だけが全てではない」と新たに気づかされていくことが私たちには常に必要なのかもしれない。

The Bustle in a House
The Morning after Death
Is solemnest of industries
Enacted upon Earth―
The Sweeping up the Heart
And putting Love away
We shall not want to use again
Until Eternity.
死んだ朝の 家のざわめきは
地上で演じられる 厳粛な儀式―
心を掃き清め 愛をしまっておく
もう二度と取り出すことのないように 永遠に。
The Poems of Emily Dickinson(1955)-Thomas H. Johnson 編集-より
[PR]
# by mt-musique | 2006-01-17 10:57 | その他

サラ・ブライトマン「夏の最後のバラ」

c0045169_1211892.jpg
c0045169_1213532.jpg

埼玉の連れ合いの実家から帰宅しました。帰宅すると一面の雪景色! 昨晩から積もったようですね。20センチ前後はあるかなぁ。火曜の夜は毎週ブラジル人が教会を使用しますが、その後に積もった模様・・。 家はすっかり冷え切っていて、ストーブを点けたら温度は1度でした。お~。

連れ合いの実家の最寄ICは岩槻で、そこから1時間ぐらいかかるのがちょっとネックです。ICの近くでハードオフを見つけたので、高速に乗る前にちょっとのぞいたのですがレアなCDを見つけてしまいました♪ 「HATIKVA Jewish Sacred Music」(ユダヤ教の音楽)とフランス・テゼのCD、そしてサラ・ブライトマンのディスクです。サラ・ブライトマンはメジャーですが、「ユダヤ教の音楽」は何だか嬉しくてしかも500円でした! アルヒーフの全集等で何枚かはあるのですが、単品で見つけるとまた嬉しいですね。
テゼは一度フランスで訪ねたこともありCDも何枚か持っているのですが、300円弱だったので思わず購入。どなたかにあげてもよいしね。

サラ・ブライトマンディスクは、これまで聞いた何枚かとは違った雰囲気に仕上がっていてちょっとお得感がありました。彼女がミュージカル「オペラ座の怪人」で歌姫クリスティーヌを熱演したことはよく知られていますが(後にロイド・ウェバーと結婚、しばらくしてから離婚・・)、ミュージカルやクラシック、ポップスなどノン・ジャンルとも言えるほど自由自在に音楽の世界を羽ばたいています。

86年の録音で、ちょうどミュージカル「オペラ座の怪人」の初演もこの頃。ベンジャミン・ブリテン編のフォーク・ソング集で、声質は同じく英国のシャルロット・チャーチや、最近日本でもAmazing Grace等でブレイクしたニュージーランドのヘイリーにもどこか似たピュアな声です。20年経った今は、こちらに比べると声の太さや厚みが増し表現力もさらに豊かになっていて、また味わい深いですね。

讃美歌21にも収録されている2曲がありました♪
とねりこの木立」(ウェールズ民謡)は『派遣』の賛美歌91「神の恵みゆたかに受け」に、「ああ、ああ」(サマセットから--セシル・シャープ)は『結婚』の賛美歌104「愛する二人に」に収録されています。どちらも歌詞は賛美歌とは異なりますが、ルーツは英国の民謡です。
[PR]
# by mt-musique | 2006-01-05 01:19 | CD

シネマとキリスト教音楽

この秋と冬も、様々な場所で演奏の機会を与えられまして忙しくも元気に過ごせましたこと、心から感謝です♪
ようやくあれこれが落ち着きまして、スカパー!で録画をしたドイツ・ライプチヒのトーマス教会合唱団、オルガンはウルリヒ・ベーメ・・という素晴らしい組み合わせのクリスマス・コンサートを鑑賞したりしています。初ドイツ旅行の際に訪れたトーマス教会、大好きな聖堂の1つです。

非常勤をさせていただいている講義なのですが、次年度はテキストの変更をしようかと考え中です。3年間はキリスト新聞社から出ている「よくわかるキリスト教の音楽」(今橋朗・川端純四郎・長谷川朝雄)を用いました。これは薄いのですがコンパクトで分かりやすく、愛用させていただいてこのテキストに関しては一応の完成を実感できたので、今年は川端先生の「CD案内 キリスト教音楽の歴史」(日本キリスト教団出版局)を用いました。こちらは前者に比べるとより専門的で私自身も大変勉強になったのですが、ただ全部行っても15回前後の講義(私は後期のみなので)ではちょっと情報量が多いのです。来年も再チャレンジしてもよいのですが、「来年も続けられるならば、今度はこれにトライしたい」と思っていたテキストが。それは栗林輝夫さん著の「シネマで読む新約聖書」です(旧約編もあり)。聖書学から映画へのアプローチを試みていますが、音楽的なアプローチは自分でするのなら面白いかなぁと。どうせなら多い人数の学生にも受講して欲しいですし。(^▽^)ノ
c0045169_1593511.jpg

c0045169_205426.jpg

今改めて本を眺めていたら、全部で11章でちょうどよいかも! 取り上げられている映画は以下の通りです。観たものは○、まだのものは×です。△は一部を観たもの。

続きを読む
[PR]
# by mt-musique | 2005-12-21 01:20 | おしゃべり

映画「さよなら、子どもたち」

c0045169_14544499.jpg

日本の敗戦記念日にあたる8/15、久しぶりにルイ・マル監督の「さよなら、子どもたち」を観た。以前はフランス語はまったく分からない頃に観たのだが、片言でも単語が分かる今改めて再鑑賞出来たことに感謝だった。 そう言えばこの映画は、過去に友人ブルーノさんが紹介してくださったのかもしれない。

映画監督ロマン・ポランスキーが自身や家族のホロコーストや強烈な戦争下での差別体験と重ねて「戦場のピアニスト」を映画化したように、この作品もルイ・マル監督の自伝的要素が強いと言われている。
戦時下のカトリックの寄宿制学校に、ある日転校生がやってくる。彼は後に分かるがユダヤ人であった・・。

戦争の悲惨さをとても淡々と、そして残虐なシーンはほとんどないままに綴られている。描かれている日常は美しくさえあり、子どもたちはどんな時も元気でやんちゃ。そのあたりは「ぼくの神さま」にも通ずるものがある。

このストーリーは実話をベースにしていて、実際ユダヤ人少年をかくまったレジスタンスとも言える校長(修道士)は後に密告によりとらえられ、子どもたちと共に収容所で命を落とす・・。

続きを読む
[PR]
# by mt-musique | 2005-08-18 14:49 | Hymn(賛美歌)

映画「マリー・アントワネットの首飾り」 モーツァルト、ヘンデル他

c0045169_0123057.jpg

以前中古ビデオを購入したのですが、スカパー!で放映されたので久しぶりに観ました。名作と言うほどではないですが、フランス革命を目前に控えた頃、王権が揺らいでいるフランスの様子を垣間見ることが出来ます。

首飾り事件」とは歴史上、実際にあったものだそうです。池田理代子著のコミック「ヴェルサイユのばら」でも描かれていましたっけ。王妃マリー・アントワネットと周辺の権力者を襲う事件・・。それはフランス革命の遠因にもなったそうです。

音楽史で言うと、時代はまさにバロック・・いえヴェルサイユ楽派やロココ美術が盛んな頃。映画では「王は踊る」でリュリやルイ14世も描かれていましたよね。
舞台は華やかなヴェルサイユやアントワネットを扱っているので、美しい音楽があちこちにちりばめられています。印象に残っているのは、モーツァルトの「エクスルターテ・ユビラーテ」(『アレルヤ』が最も有名)とヘンデルの「メサイア」から『And the Glory』です。この作品は音楽も豪華なはずなのに、あまり印象が強くないのです・・。何故でしょう? でもさりげなくオルガンやチェンバロの音色が多用されていました。
俳優では、何と「戦場のピアニスト」で主役を演じたエイドリアン・ブロディが、主人公ジャンヌのダメな夫役を好演。ジゴロのレトー役を演じたサイモン・ベイカ-も、ウィンクがチャーミングでジゴロの雰囲気がよく出ていました。アントワネットも、フランスにすっかり慣れ親しんだ様子が自然ににじんでいます。ルイ16世は少しりりしすぎるかも・・(笑)。

この映画が残念な点は、台詞がフランス語ではないことと、主人公のジャンヌ(ヒラリー・スワンク)があまりヨーロッパらしくない顔立ちだったことでしょうか・・。「オペラ座の怪人」の最新版映画のクリスティーヌも、美しいけれどあまりフランスらしさは漂ってきませんよね。
[PR]
# by mt-musique | 2005-07-07 00:38 | その他

MR.Beanの大冒険 ~賛美歌「つくられたものは」他

c0045169_15103077.gif

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
昨日ようやくコンサートを1つ終えまして、かなり安堵モードです。しかしお陰様で、GWは私にはありませんでした・・(笑)。

今頃なのですが、コンサートの準備で疲れている時、スカパー!で放映されていたMR.Beanにすっかりはまってしまいました。以前見かけた時も「これ、絶対いい。録りたい!」と思っていたのが今日ご紹介するものです。

MR.Beanは英国的ジョークやブラックユーモアが満載です。体は大人だけれど、中身は子どものまま・・という男性。
日本語のタイトルでは「MR.Beanの大冒険」というタイトルに収録されているようですが、その中のPart2に彼が教会へ行くシーンがあって、これがもう抱腹絶倒で大笑いです! そしてキリスト者にとっては、実は初めて教会にいらした方への配慮がちゃんとありますか?というさりげない問いかけにもなっているように思えて、なかなかよいです。大笑いしながら、礼拝学の学びの時などにみんなで観るのもよいかも。よし、今度実行しよう。

続きを読む
[PR]
# by mt-musique | 2005-05-08 14:54 | Hymn(賛美歌)

実写版「フランダースの犬」

(画像はベルギー・ゲントのバーフ聖堂にて。ルーベンスの「聖バーフの修道院入堂」)
c0045169_0142036.jpg

あまり時間もないのに、つい予約録画をしたものをそのまま観てしまった・・。でも録画すると「いつか観れる」と思ってそのままなことも多いので、「観る」という点ではよかったのかもしれない。

有名な「フランダースの犬」の実写版。前半は非常に美しく物語が再現されていてそれなりによかったのだが・・肝心のラストにがっかりさせられた。
何とルーベンスが現れて、ネロを天国を連れて行くのだ。しかもさっぱりドラマティックではない。
これだったら「ネロは死にませんでした。アロアと結婚して、幸せに暮らしました」のがよっぽどいいかも・・とちらっと思ったのだが、何とこの映画はハッピーエンド版と2つのパターンがあるそうだ。恐るべし。(詳細はこちらへ。)

かつてイタリア旅行のはずが、何故か友人の都合でベルギーになってしまった。ベルギーのことはほとんど何も知らずにいたので渡欧前に調べてみたら、日本ではこんなにも有名な「フランダースの犬」が実は現地ではあまり知られていなかったこと、そしてパトラッシュはアニメとは違う毛の長いフランドル犬であることが分かり非常に興味を覚えた。
ベルギーはブリュッセル、ゲント、ブルージュのみで物語の舞台のアントワープは残念ながらまだ未踏の地であるが、いつかぜひ訪ねたい。

このブログとの関連では、クリスマスのシーンで賛美歌がちらっと登場する。「きよしこの夜」と「もろびとこぞりて」。でも本当にわずかで、紹介するほどではない。どうしてもヨーロッパ映画で英語圏以外の国が舞台の時、しょうがないのは分かるのだが英語だとがっかりしてしまう。意味は分からなくても、やはり原語がよいなぁ。

最近知人に頼まれて、スカパーであの名作「アルプスの少女ハイジ」を毎日録画している。大人になって観るとまた別の視点で大変興味深い。よく出来た作品であるが、時折大人ならではの疑問符もある。今の視点で見ると、ハイジはおばによって「虐待」にも近い扱いを受けたのかもしれない・・。
まだ10話分ぐらいしか観ていないのだが、山羊飼いペーターの生活に目を見張った。聖書では「羊飼い」のたとえが出てくるけれど、ペーターを見ていると羊飼いの解釈が少し変わったように思う。明日の子どもの教会では、DVDを見せながら子どもたちに紹介する予定だ。
ハイジが終わったら、今度は「フランダースの犬」も全話を録画したいなぁ。そうそう、ちなみにアニメ版「フランダースの犬」はネロの招天のシーンで、賛美歌「主よみもとに」が流れる。悪くはないのだが、カトリックの聖堂だからカトリックの聖歌の方がよいのでは??なんて、ヘンなこだわりも感じてしまった。
[PR]
# by mt-musique | 2005-04-02 22:58 | Hymn(賛美歌)

映画「ドグマ」

c0045169_13444345.jpg

年度末のあれこれやイースターもあり、久しぶりの更新になった。
途中まで観かけていた「ドグマ」を観終えた。何というか・・おバカでお下品な作品なのだけれど、笑いながら観るには面白かった。ただし敬虔なカトリック信者の方にはお薦め出来ません・・。...;(*_*;)ゞ

全世界的に教会では信者の数が減っていると言うけれど、この映画でもそれが始まりになっている。人が集まらないカトリック教会が一大企画&イベントで、刷新を図ると言う。ポップな枢機卿とイエス像に思わずにやり。「あんな枢機卿はいないよなぁ」という思いと「いたら面白いだろうなぁ」という思いが交錯した。

基本的に品がよくはないのだけれど、でも聖書をベースにキリストの末裔という女性べサニー(子どもが産めないために離婚されている)、預言者(ジェイ&サイレント・ボブ。彼らが主人公の続編もあるそう)、黒人の使徒、サルマ・ハエック演ずるミューズ、そしてメイン主人公の堕天使はベン・アフレック&マット・デイモン。二人の軽妙な会話ややり取りがこの映画のポイントだろう。はちゃめちゃコメディであるが、キリスト教の知識や信仰がある人にはそれなりに楽しめると思う。

続きを読む
[PR]
# by mt-musique | 2005-04-02 14:03 | オリジナルサウンドトラック

お気に入りブログ

最新のトラックバック

コスチューム コスプレ衣..
from コスチューム コスプレ衣装通..
アランのバッハ:トッカー..
from クラシック音楽ぶった斬り
コンスタンティン(CON..
from 映画にみるキリスト教文化と聖書
適性検査と就職活動
from タウンワークで満足できないあ..
最後の誘惑
from AML Amazon Link
偶像崇拝と啓示宗教
from 心の幸福と宗教の世界
ヴェルディ レクイエム
from 人気Blogランキング[今週..
★★★★「ユダヤ商法」ラ..
from 本のソムリエの読書日記
『さよなら子供たち』、ペ..
from Be Makkou - 微抹..
ことの終わり
from Be Makkou - 微抹..

ファン

ブログジャンル

画像一覧