シネマとキリスト教音楽


映画に登場する賛美歌やキリスト教音楽の紹介です。シネマには、キリスト教のテイストがいっぱいです☆
by mt-musique
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

映画「第七の封印」

c0045169_2310146.jpg

ベルイマン作品は、難解なのだろうか。個人的にはむしろ好ましい部類である。今よりもずっとゆったりとして芸術的にも思えるカメラワーク。イングリッド・バーグマンにも代表されるスウェーデンの美しい女優人たち。

いくつか観た中で、この作品は少し異色だった。「暗黒の中世」を描いている。キリスト教信者やキリスト教理解があるものにはすぐに分かるエピソードの数々。

死に神はマックス・フォン・シドー(後に「エクソシスト」では神父を演じている)扮する騎士と同じぐらいの存在感があり、美しくもある。キューブリック監督「シャイニング」「時計仕掛けのオレンジ」を始めレクイエム「怒りの日」を映画音楽に用いているものは多いが、ここではまさにそのもののグレゴリオ聖歌の旋律が登場し、ペストや死と隣合わせの中世の人々の様子が浮き上がっていてとても感嘆した。

タイトルの「第七の封印」とは、言うまでもなく新約聖書ヨハネの黙示録に登場する記述である。
[PR]
# by mt-musique | 2008-10-14 23:10 | ミサ曲

ゴルゴダの丘

c0045169_1831082.jpg

教材研究も兼ねて、ようやく見終えた。ずいぶん前に録画していたのに・・。数あるイエス伝の中の1つだが、フランス語のイエス伝は何だか新鮮。

映画としては決して名作というわけではなく、場面展開が短く早いのが少々気になる。しかしいくつか面白い点もあった。
映画音楽の担当は20世紀フランスの作曲家イベール。フルートコンチェルトなどで知られているが、まさか映画音楽も作っていたとは! イエスの捕らえられるシーンあたりは、何故かまったくBGMが消えて群衆の騒がしさのみ。でもそれも不自然ではない。人びとの思惑が妙に浮き彫りにされていて、罪の意識にさいなまれた。

ジャン・ギャバンのピラトもよかったけれど、印象的なのはイエスだ。疲れ果て、やつれ、歳よりもずいぶん年長に見える寂しそうなイエス・・。視線やポーズがいちいち決まっていて、まるで聖画のようだった。これまで観たどの映画よりも心に残ったイエスだったかもしれない。
[PR]
# by mt-musique | 2007-09-25 17:59 | オリジナルサウンドトラック

映画「タイタニックの最期」 聖なる聖なる、主よみもとに

c0045169_15584.jpg

デカプリオ主演、ジェームズ・キャメロンの「タイタニック」はある意味で一世を風靡したが、それだけではなく他の作品も観たいと思っていた。ようやく観られたのがこれである。

1950年代の作品なので、それほど娯楽大作には仕上がっていないが(もっとも当時はそうだったのかもしれない)、そもそも実話で悲劇的な事件をエンターテイメントにしてしまうのもどこかおかしいのかもしれない。

キャメロン版と比較すると、デカプリオがメインのラブストーリーとはまた異なって、もちろん主要な登場人物はいるものの(ほのかなラブロマンスもありつつ)比較的様々な人びとに均等にスポットがあたっているように思う。

モノクロ映画だが、それでも衣装やヘアスタイルは目の保養になるほど美しい。タイタニック号沈没の際に歌われたという有名なエピソードのある『主よみもとに』の賛美歌は、この映画ではクラシカルではなくバンド風の演奏だった。
船上での礼拝のシーンでは、映像には映らなかったがリードオルガンかハルモニウム演奏と思われる奏楽で「聖なる聖なる」が歌われていた。

個人的な驚きは、弘前学院校歌が映画で歌われていたことだ! こちらのサイトhttp://www.seiai.ed.jp/kouchou/kouka.htmlに拠れば、アメリカの学生歌であったらしい。
そう言えば、同じく弘前のTG高等学校の校歌はデンバー大学のそれだっけ。http://www.gijuku.ac.jp/outline/school_song.html

タイタニック号と云えば、中学生の頃に英語の暗唱大会で長文を覚えたこともあった。今となっては懐かしい想い出だ。
[PR]
# by mt-musique | 2007-09-01 01:05 | Hymn(賛美歌)

映画「或る夜の出来事」 ワーグナー『婚礼の合唱』、賛美歌『またき愛』

c0045169_21154869.jpg
「風と共に去りぬ」のタフガイ、レッド・バトラーも素晴しいが、こんなちょっとやんちゃなゲーブルもなかなか魅力的だ。ダンディなのに、あの笑顔で微笑まれたら・・♪ コルベールじゃなくても、思わず恋に落ちてしまうだろう。

キリスト教のエッセンスもちらり。モーテルでの毛布の仕切り「ジェリコの壁」のエピソードはもちろん旧約聖書からだし、エレンが婚約者との結婚式のシーンでは、ワーグナーの「婚礼の合唱」が実際に合唱で歌われていて(オリジナルは、オペラ「ローエングリン」)、賛美歌「またき愛」も流れていた。大富豪の邸宅内庭での婚礼もまた美しい。

粋なのは、エレンの父親。愛娘にふさわしい男性を選び、見抜くあたりはさすがじゃないか。
しかしゲーブルは、ヴィヴィアン・リーとの共演と言い、高飛車な美人女優とどうしてこんなにもうまくマッチングするのだろう・・。

追記:NHKの大河ドラマ『山河燃ゆ』(1984年)をスカパー!で観ていたら、何と第2話でこの映画のエピソードが出て来た! 2/26事件で襲撃された天羽賢治(松本幸四郎)と三島典子(大原麗子)は命からがら裏山へ逃亡し、ヒッチハイクをするシーンに登場。思わず微笑んでしまった。天羽賢治は祖国日本で、映画の字幕翻訳のアルバイトをしていたのだ。
[PR]
# by mt-musique | 2007-01-02 21:16 | Hymn(賛美歌)

映画「奇跡の丘」 ミサ・ルバ、バッハ「マタイ受難曲」他

c0045169_16351067.jpg

パゾリーニの名作と出会うのは、意外と遅かった。しかしこの作品は観る度にどんどん引き込まれる。音楽の使い方の意外性もそうだし(これに関しての評価や好みは分かれるところだろう)、何がそんなに魅力的なのだろうか。

講義の準備もあって、複数のいわゆる「正統的イエス伝(映画)」を観た。それらとの比較で、自然と「奇跡の丘」の全体像が浮かび上がってくる。
特に儚くて頼りなげなマリアは、むしろミセス的落ちつきを見せている他の作品よりもダントツによいし、あまり天使には見えない天使の登場もまた他の作品ではあまり見られない。
それらに共通しているのは、恐らく「人間くささ」。天使には羽もついていないし、人間のようにも見える。幼子イエスは丸々として愛しく、イエスをあやすヨセフの慈愛に満ちた表情。プロの俳優を起用していない故に表現される素朴さが特に際だっていて、パゾリーニの人間と子どもたちへの愛情深さが画面から自然と伝わってくる。彼は無神論者だったそうだが、それはもしかして神やイエスの「まなざし・優しさ」と近いものだったのかもしれない。

個人的に気に入ったのは、もう1つ。「サロメ」のシーンである。オスカー・ワイルドの戯曲などによってあまりにも『悪女』のイメージを強く植え付けられてしまったサロメだが、実は(パゾリーニが描いたように)あどけない少女であったというのを何かの書籍で読んだ記憶がある。
そういった私たちの思いこみや思い違いを、いったん修正してくれる作品なのかもしれない。

音楽では実に複数の曲が用いられているが、イエスの生誕後のシーンで流れるスピリチュアル「時には母のない子のように」、(エジプトへの逃避を始め)何度も登場するバッハのマタイ受難曲終曲、アフリカのミサ・ルバなどが特に心に残る。
パゾリーニの他の作品もぜひぜひ観てみたいものだ。
c0045169_16354610.jpg

[PR]
# by mt-musique | 2006-10-06 16:36 | ミサ曲

ガーシュイン「ポーギーとベス」

c0045169_1513338.jpg

このブログのテーマでいくと、ガーシュイン作曲のオリジナル?ということになるでしょうか(笑)。
キリスト教音楽とはまた違うかもしれませんが、葬儀のシーンなどで神さまへの深い信仰とそしてこの世の絶望を歌い上げています。
こちらのブログに詳細をアップしました。よろしかったらどうぞ♪
[PR]
# by mt-musique | 2006-09-11 15:17 | オリジナルサウンドトラック

映画「マグダレンの祈り」 Amazing Grace, 世の人忘るな

c0045169_1634690.jpg

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。なかなかゆっくり映画鑑賞する時間がありませんでしたが、先日観た「マグダレンの祈り」のご紹介です。これはカトリックの友人ブルさんからのご紹介だったと思います。

英国映画が好き。そしてアイルランドの映画も好き。どこかストイックでフランスのシネマとはまた違うよさがある。アイルランドは、決して豊かな国ではないのだろう。映像からでもそれはひしひしと伝わってくるし、アメリカにアイルランド系移民が多いこともそれを物語っている。
新約聖書に登場するマグダラのマリアは、イエスによって7つの悪霊を追い出してもらった女性で、後生ではいわゆる「娼婦」で男性たちに自分自身を商品化しなければ生きていけなかった女性であると言われていることが多い。しかし聖書にそのような直接的な記述はない。後にイエス・キリストに出会って弟子になり、カトリックでは聖人と崇められている。フランス語ではマドレーヌ(パリのフォーレゆかりの教会はこの名前)、ドイツ語ではマグダレーナ。バッハの二人目のパートナーもマグダレーナという名前だった。

マグダレン修道院は、アイルランドにあった実在の修道院。そしてこの映画に描かれている衝撃の事実もまた実話であるという。ただし映画は過酷な様子を伝えているにも関わらず、どこか重苦しくない要素もあってそれがとても不思議だ。「女性」ということのよさを1点だけあげるとするならば、それは恐らくSister hood。同じ女性として共通の痛みと苦しみを抱えながら、共感し励ましあっていくこととでも言えばよいだろうか。
修道院とは名ばかりで、実態は性的に歪められた女性たちが収容された刑務所さながら。しかもそれらは、婚前交渉、レイプ、未婚の母、美しくて他人の目を引く・・など、必ずしも本人のみの責任や罪ではないのに収容された女性たちばかり。

More
[PR]
# by mt-musique | 2006-07-07 16:29 | Hymn(賛美歌)

映画「バーバー吉野」 ヘンデル『ハレルヤ』ほか

c0045169_1641089.jpg

もたいまさこ主演のコミカルな邦画である。それほど予算がかかっているようでもなく(雰囲気としては『サトラレ』にも通ずるものがあるが、スケールとしてはあちらの方が大きい)、笑える作品なのにある視点をしっかり持ちつつ観るとなかなかに意義深い。最近映画を観てもあまりはずれはないのだが、これは文句なしのヒット!
ある街の少年たちは、みな同じ髪型「吉野刈り」。カットは全て昔ながらの理髪店バーバー吉野。それまでは平和でのどかな街に、東京からの転校生が来たことで街は一変する。小学生のイケメン坂上くん。彼はどうしても「吉野刈りはイヤだ」と抵抗するのだが・・。

ローカルの秩序や伝統と、それに伴う排他性。例えばそれは異性愛/同性愛、シングル/カップル、男性/女性、キリスト者/非キリスト者・・など自分に関心のあるテーマとからめるとなお映画の面白さが増すだろう。

音楽もきらりと光っている。オープニングはヘンデルの「ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)」、「ハレルヤ」も登場。この画像は吉野刈りの少年たちが「ハレルヤ」を歌っているシーン。
基本的にクラシック曲がさり気なく使われているが、アレンジはヨーロピアン・クラシカルではなく日本的なテイストなのがなおよい。古きよき日本の風景が目に美しく、小学生時代の甘酸っぱい想い出もよみがえる。

続きを読む
[PR]
# by mt-musique | 2006-03-24 16:04 | その他

映画「アメリ」 バーバー『アダージオ』

c0045169_21572876.jpg

今頃?と思われるかもしれないが、アメリをようやく鑑賞した。「きっと好きですよ」と友人に勧められながら、なかなか機会がなかったのだが、先日銀座でミヒャエル・ゾーヴァ展に行くことが出来て「今観ないでどうする~」というノリ。ちょうどよくスカパー!で放映されたのだ。

キュートでポップなのだけれど、不思議な映画だった。軽やかに流れるアコーディオンの音色は耳に心地よく、まるでパリに吹き抜ける風のようだ。リードオルガンでは弾けないかなぁ。今度楽譜を探してみよう♪
アメリのキャラクターは、最近で言うとのだめちゃんとMr.ビーンのよいところを合わせたような・・不思議ちゃん。とてもキュートなのに、自分の魅力にはまだまだ気づいていない。
フランスにはフランス風マニアやオタクも多いのだろうか? そう言えばアニメファンが多いとよく聞く。TGV(フランスの特急電車)でもアニメ雑誌を食い入るように見つめる男性や、アニメの話題を持ちかけてきた学生もいたっけ。アメリが好きになった彼も、さすが彼女のお眼鏡にかなっただけはあって不思議くん。

パリの日常と、そしてあまり難しい会話は登場しないので、ちょっとしたフランス語の聞き取り練習にもなった。と言ってもごくごく簡単な単語や会話ぐらいしか聞き取れないのだけれど・・。
舞台はモンマルトル界隈。サクレクール寺院からの風景が美しい。パリは3度も訪ねたのに、モンマルトルはまだ訪れていない。一人旅か友人と二人なので、スリ等が怖くて微妙に観光地は避けているのだ。

驚いたのは、アメリの寝室のシーンで(ここで、ゾーヴァの絵画や電気スタンドが登場)流れていたのは、バーバーの「弦楽のためのアダージオ」だったのだ! 映画「プラトーン」のテーマ曲としても知られる、20世紀アメリカの作曲家の作品。またバーバーは、無伴奏の合唱曲も大変美しい。シェーンベルクやグレツキなどのアカペラ作品と共に収録されたこちらのディスクもお薦め。

監督のジャン・ピエール・ジュネは、「ロスト・チュルドレン」や「エイリアン4」も撮っているが、そう言えばアメリとエイリアン4のウィノナ・ライダーは雰囲気が似ている。
アメリはよかったけれど、個人的にはロスト・チュルドレンがより好みかな。
[PR]
# by mt-musique | 2006-03-05 21:58 | その他

映画「氷点」 フランク・オルガンコラール1番

c0045169_11154048.jpg

山本薩夫監督(1966)
若尾文子、安田道代、船越英二、山本圭、津川雅彦、森光子

三浦綾子さんの小説にはまったのは、小学生か中学生の頃だったろうか。体調が悪くて学校を休んだとき、こっそりと布団の中でむさぼるように読んだことがよみがえる。彼女の作風はとても重たくていかにもプロテスタント的に思う。時にカトリック作家の方が好みなのだけれども、日本においてはやはり欠かせない作家であったことは間違いない。

この名作は何度も映画化・ドラマ化されていたようだ。スカパー!で1971年版小山明子主演の「氷点」が入り、ちょうど1年の中でもっとも時間がある時期だったので全話を観ることが出来た。今観ると少し「くさい」演技もあるのだが、登場人物はみな役柄にぴったりだし、何よりも小山明子演ずる陽子の継母夏枝がそれまで美しかったのに、陽子出生の事実を知った後に鬼のような形相に変化していくあたりの演技が素晴しい。氷のような冷たい美しさがあるのでなおさら演技が引き立つ。

小説のテーマは「原罪」だ。私たちが生まれながらに持つ「罪」。これはキリスト教ではベーシックな信仰理解である。それにしても、ここまで全ての人に暗く語れない過去を持たせるとは・・ストーリーの細かな部分を忘れていたので、改めて背筋が凍る思いがした。

ドラマ版は全50話だが、それに比較すると100分弱の映画は少々はしょっている部分もあるにはあるのだが、映画ならではの重苦しさが全編に漂っている。時代設定もドラマよりも少し昔で、開業医辻口医院の自宅はドラマよりも映画の方が豪華で趣がある。ヨーロッパの磁器や洋酒が庶民の憧れであったこともよく分かる。またアイヌの風俗が2-3度登場するのも映画版の特徴。より北海道というロケーションが意識されているのか。

音楽で特徴的な曲は2曲。1曲目は映画の冒頭で夏枝が演奏しているショパンの幻想即興曲。この時代ピアノを弾ける=育ちがよいことの象徴だったであろう。そしてあまりにさり気なくて気づかない方も多いと思うが、驚いたのはセザール・フランクのオルガンコラール1番のオーケストラアレンジが何度も静かに登場しているのだ! 静かすぎてまるでオリジナルのBGMに聞こえるかもしれないが、確かにあの曲である。フランクが晩年に作曲した3曲のコラール曲の第1曲目。ちなみにドイツの教会賛美歌(コラール)とは違い、フランクがオリジナルで創った「コラール」である。

学生YMCAやYMCA関係者にはよく知られているが、小説「氷点」にも登場する実在した洞爺丸沈没の事件。北海道には滅多に来ない台風によって青函連絡船が沈没してしまったのだが、その際に命を落としたストーン宣教師とディーン・リーパー氏。リーパーさんは学生YMCAの出張の帰りに洞爺丸に乗船し、自分の代りに他の人を助けて命を落とされたという。彼を迎えるはずの東北大の学生Gさんは、そんなリーパー氏の生きざまに深い感銘を受けて後に遺志を継ぐかのようにYMCAのスタッフになられるのだ。
映画では時間の関係で洞爺丸事件のエピソードは描かれていなかったが、まさに「愛とは何か/罪とは何か」という人間が生きていく上での特級のテーマを扱った力作である。
[PR]
# by mt-musique | 2006-03-02 11:41 | コラール

お気に入りブログ

最新のトラックバック

コスチューム コスプレ衣..
from コスチューム コスプレ衣装通..
アランのバッハ:トッカー..
from クラシック音楽ぶった斬り
コンスタンティン(CON..
from 映画にみるキリスト教文化と聖書
適性検査と就職活動
from タウンワークで満足できないあ..
最後の誘惑
from AML Amazon Link
偶像崇拝と啓示宗教
from 心の幸福と宗教の世界
ヴェルディ レクイエム
from 人気Blogランキング[今週..
★★★★「ユダヤ商法」ラ..
from 本のソムリエの読書日記
『さよなら子供たち』、ペ..
from Be Makkou - 微抹..
ことの終わり
from Be Makkou - 微抹..

ファン

ブログジャンル

画像一覧