シネマとキリスト教音楽


映画に登場する賛美歌やキリスト教音楽の紹介です。シネマには、キリスト教のテイストがいっぱいです☆
by mt-musique
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

真夏の夜の夢 ~メンデルスゾーンなど

c0045169_14421878.jpg

※2006年に書きましたが、未アップだったので掲載します♪

シェイクスピア原作、劇付随音楽ではメンデルスゾーンのものが最も知られていますが、英国バロック期のパーセルを始め複数の作曲家が作品化しています。

以前大学の講義で「結婚式の音楽」がテーマの時、今日録画したソフィ・マルソーやケヴィン・クラインが出ている版を紹介しながら見せたのですが、その時は吹き替えしかレンタルショップでは置いてありませんでした。今回は初めて字幕で観ました。

再鑑賞して驚いたのはメンデルスゾーンの有名どころはもちろん、ずいぶんオペラの曲が採用されているのです! これはまだオペラファンではなかった以前はあまり気づかなかったことです。ヴェルディの「椿姫」から『乾杯の歌』、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲、ドニゼッティの「愛の妙薬」などなど。

シェイクスピアは、やはり台詞が美しいですね。俳優人もどこかそれを意識した美しい発音になっています。声楽家波多野睦美さんのゼミや彼女の清涼感あふれる英語の発音を想い出しました。
妖精の女王タイタニアは大変美しく、役柄にぴったり。英国人が大好きだという妖精の世界もファンタジックに描かれています。

1999年の映画ですが、舞台はシェイクスピアの時代ではなくて19世紀イタリア。19世紀の衣装が魅惑的です。
[PR]
by mt-musique | 2009-10-26 14:40 | その他

サウンド・オブ・ミュージック

c0045169_16038.jpg

サウンド・オブ・ミュージック(DVD)2004

※2005年に書いたものですが、未アップだったので載せますね♪

言わずもがな・・の名作です。
「ドレミの歌」や「私のお気に入り」などの挿入歌はもちろんですが、個人的には修道院のシーンがとても好きです。大学のキリスト教音楽の講義では教材に用いています。 日本では、アニメ「トラップ一家物語」もありましたね。
マリアと大佐の結婚式のシーンは、とても荘厳。司式をしているのは司教でしょうか?

最近の「修道院もの」の定番は「天使にラブ・ソングを」シリーズだと思いますが、一昔前だとこの作品で、さらに前だとヘップバーン主演の「尼僧物語」かな?

この話は実話に基づいていますが、美しさと政治的なメッセージを上手く両立させた名作・・と言う意味でも圧巻です。
何と修道院を出てトラップ家へ向かい「I have Confidence」を歌っている場面で、本物のマリアと娘と孫がちらっと写っているらしいのです! 映像で確認したのですが、もしかしてバスのシーンかな? ホントに数秒ですが。
[PR]
by mt-musique | 2009-10-24 01:06 | オリジナルサウンドトラック

ワンダフルライフ

c0045169_13274083.jpg

2003 是枝裕和
ARATA, 小田エリカ, 寺島進, 内藤剛志, 谷啓, 伊勢谷友介

「誰も知らない」で是枝作品のファンになり、続けてこの作品を観ました。静かでとてもよい作品でした。
この世での生命を終えて、天国にいくまでの1週間を描いたストーリーです。

私はキリスト教の信仰を持っているので、生死の理解はキリスト教をベースにしていますが、この作品はどちらかというとあまり宗教色はないかもしれません。

天国へ行く前に、生きていた中でもっとも大切な思い出を1つ選んでください・・。
様々な人間が、それぞれの人生からたった1つの情景を選び取ります。天国ではその思い出と共に永遠に生きるのだそうです。

「誰も知らない」もそうでしたが、この作品もとても静かでした。是枝監督お得意のドキュメンタリーにも似た、自然な作品。よい意味で映画ではないようです。
是枝さんは、とても人間を愛していて大切に思っているのかもしれません。お年寄りが愛らしくチャーミングに撮られている様子など、自然にそれが伝わりました。

最初と最後にリードオルガンの音色が登場します。曲名も演奏者も分からないのですが、とてもこの作品にマッチしていました。

※2005年に鑑賞して書いたものですが、こちらには未アップだったので載せますね。
[PR]
by mt-musique | 2009-10-20 13:27 | 邦画

誰も知らない

c0045169_13325321.jpg

※2005年に鑑賞して書いたものですが、こちらには未アップだったので載せますね。

実際にあった事件をベースにしていること、そして長男役の柳楽くんがカンヌで賞を取ったこと。それ以外の予備知識はほとんどなく観ました。
父親が全員違う4人兄妹。母(YOU)はたまにしか帰ってこないし、次第にまったく帰宅しなくなります。4人とも戸籍がないので学校に行きたくても行けず、やがて・・。

日常的に児童養護施設や親とは一緒に暮らすことの出来ない子どもたちとの交わりがあるので、どうしても彼・彼女たちの顔が浮かんできました。長女の京子ちゃんの表情は、Mちゃんにもどこか似ていてそれだけに素晴らしく、またとても切なかったです。

末娘のゆきちゃんがお母さんを駅まで迎えに行って会えないシーン。お兄ちゃんとおうちへ帰るときに、モノレールを眺めます。このシーンはとてもさりげないのに涙があふれました。
「いつかモノレールに乗って、飛行機を見に行こうね」「うん、見に行こう」
「飛行機に乗ろうね」ではないのです。そして「見に行く」ことさえ出来なかったゆきちゃん・・。

是枝作品は初めて観ましたが、素晴らしい作品だと思いました。ドキュメンタリーに近く、子どもたちの表情がとても自然に撮れています。子どもたちが本当にかわいすぎる・・。

映画を観ながら思い出したのは、アニメの「蛍の墓」です。あれは野坂昭如原作の戦災孤児の話でしたが、「誰も知らない」は現代のストリートチュルドレンとも言えるでしょうか。
またナチス政権下のポーランドを描いた「ぼくの神さま」も思い出しました。子どもへのアプローチがとても似ています。丁寧にワークショップ的な作業をしたであろうことがよく分かりました。

1つ忘れてはならない視点は、母親のみを責めることは出来ないということです。欠落している父親や男性の責任も非常に大きい。

私自身もそうなのですが、子どもがいないカップルが増えている一方で、子どもがいても様々な理由で我が子を虐待をしたり殺害しているニュースが日常的になってしまいました。
私たちは一体何をすればいいのでしょうか・・。見えにくくされている人を見つけ、つながっていくこと。小さなことだけれど、それに尽きるのかもしれません。
[PR]
by mt-musique | 2009-10-19 13:30 | 邦画

お気に入りブログ

最新のトラックバック

コスチューム コスプレ衣..
from コスチューム コスプレ衣装通..
アランのバッハ:トッカー..
from クラシック音楽ぶった斬り
コンスタンティン(CON..
from 映画にみるキリスト教文化と聖書
適性検査と就職活動
from タウンワークで満足できないあ..
最後の誘惑
from AML Amazon Link
偶像崇拝と啓示宗教
from 心の幸福と宗教の世界
ヴェルディ レクイエム
from 人気Blogランキング[今週..
★★★★「ユダヤ商法」ラ..
from 本のソムリエの読書日記
『さよなら子供たち』、ペ..
from Be Makkou - 微抹..
ことの終わり
from Be Makkou - 微抹..

ファン

ブログジャンル

画像一覧