シネマとキリスト教音楽


映画に登場する賛美歌やキリスト教音楽の紹介です。シネマには、キリスト教のテイストがいっぱいです☆
by mt-musique
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ケン・ローチ『ケス』  ♪めさめよ、我がたま

c0045169_17443389.jpg

これは珍しく、映画で鑑賞した。当時住んでいた青森の小さな街であった映画祭。全体の内容とラストを今でもよく覚えている。

実に10数年ぶりに鑑賞したが、やはりケン・ローチ監督の名作とも言える代表作。英国の貧しい家庭に育つビリー。父は行方不明で、母と兄と3人で暮らす。それぞれに日々の生活と自分のことだけで精一杯な家族。朝から新聞配達をして学校へ行き、学校でもあまり冴えないので暴力的とも言える教師に叱られてばかり。

朝の学校礼拝も、まるで「朝礼」と言う感じ。ピアノ伴奏(オルガンではない所が、この地域の豊かではないことを物語っているか)で「めさめよ、我がたま」の賛美歌が歌われ、ここでもやはり教師は怒鳴り子どもたちは叱られる。礼拝って、そんなものではないはずなのに・・。

厳しい環境でたくましく暮らす少年を綴った素晴しい作品であるが、チクチクと胸が痛かった。家族からあまり大事にされず、教師からも大切にされないビリー。宝物とも言えるハヤブサのケスさえも、突然に奪われてしまう・・。ラストの埋葬シーンでは悲しさの中にも決別と決断がにじんでいて、ほんの少しこちらも救われる。

この作品を観ていると、つくづく自分はビリーとは遠い環境で育ったことに気付かされる。特別なぜいたくはして育っていないけれど、何かの選択をする時にいつもいくつかの選択肢や可能性があった。
学校を出たらすぐに就職せざるを得ないビリー。面接官とのやり取りで「別に就職はしたくないが、働かなくてはいけない。何をしたいかって? ぼくには選ぶ余地はないんだ」と淡々と語るビリー。その言葉や切ない表情が、いつまでも頭から離れなかった。

環境の違いはそれぞれあるにしても、せめてそんな子どもや人々に様々な形で「無自覚な暴力」を自分が与えることがありませんように・・。そう願わずにはいられない作品だ。
[PR]
by mt-musique | 2008-10-28 17:46 | Hymn(賛美歌)

映画「タイタニックの最期」 聖なる聖なる、主よみもとに

c0045169_15584.jpg

デカプリオ主演、ジェームズ・キャメロンの「タイタニック」はある意味で一世を風靡したが、それだけではなく他の作品も観たいと思っていた。ようやく観られたのがこれである。

1950年代の作品なので、それほど娯楽大作には仕上がっていないが(もっとも当時はそうだったのかもしれない)、そもそも実話で悲劇的な事件をエンターテイメントにしてしまうのもどこかおかしいのかもしれない。

キャメロン版と比較すると、デカプリオがメインのラブストーリーとはまた異なって、もちろん主要な登場人物はいるものの(ほのかなラブロマンスもありつつ)比較的様々な人びとに均等にスポットがあたっているように思う。

モノクロ映画だが、それでも衣装やヘアスタイルは目の保養になるほど美しい。タイタニック号沈没の際に歌われたという有名なエピソードのある『主よみもとに』の賛美歌は、この映画ではクラシカルではなくバンド風の演奏だった。
船上での礼拝のシーンでは、映像には映らなかったがリードオルガンかハルモニウム演奏と思われる奏楽で「聖なる聖なる」が歌われていた。

個人的な驚きは、弘前学院校歌が映画で歌われていたことだ! こちらのサイトhttp://www.seiai.ed.jp/kouchou/kouka.htmlに拠れば、アメリカの学生歌であったらしい。
そう言えば、同じく弘前のTG高等学校の校歌はデンバー大学のそれだっけ。http://www.gijuku.ac.jp/outline/school_song.html

タイタニック号と云えば、中学生の頃に英語の暗唱大会で長文を覚えたこともあった。今となっては懐かしい想い出だ。
[PR]
by mt-musique | 2007-09-01 01:05 | Hymn(賛美歌)

映画「或る夜の出来事」 ワーグナー『婚礼の合唱』、賛美歌『またき愛』

c0045169_21154869.jpg
「風と共に去りぬ」のタフガイ、レッド・バトラーも素晴しいが、こんなちょっとやんちゃなゲーブルもなかなか魅力的だ。ダンディなのに、あの笑顔で微笑まれたら・・♪ コルベールじゃなくても、思わず恋に落ちてしまうだろう。

キリスト教のエッセンスもちらり。モーテルでの毛布の仕切り「ジェリコの壁」のエピソードはもちろん旧約聖書からだし、エレンが婚約者との結婚式のシーンでは、ワーグナーの「婚礼の合唱」が実際に合唱で歌われていて(オリジナルは、オペラ「ローエングリン」)、賛美歌「またき愛」も流れていた。大富豪の邸宅内庭での婚礼もまた美しい。

粋なのは、エレンの父親。愛娘にふさわしい男性を選び、見抜くあたりはさすがじゃないか。
しかしゲーブルは、ヴィヴィアン・リーとの共演と言い、高飛車な美人女優とどうしてこんなにもうまくマッチングするのだろう・・。

追記:NHKの大河ドラマ『山河燃ゆ』(1984年)をスカパー!で観ていたら、何と第2話でこの映画のエピソードが出て来た! 2/26事件で襲撃された天羽賢治(松本幸四郎)と三島典子(大原麗子)は命からがら裏山へ逃亡し、ヒッチハイクをするシーンに登場。思わず微笑んでしまった。天羽賢治は祖国日本で、映画の字幕翻訳のアルバイトをしていたのだ。
[PR]
by mt-musique | 2007-01-02 21:16 | Hymn(賛美歌)

映画「マグダレンの祈り」 Amazing Grace, 世の人忘るな

c0045169_1634690.jpg

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。なかなかゆっくり映画鑑賞する時間がありませんでしたが、先日観た「マグダレンの祈り」のご紹介です。これはカトリックの友人ブルさんからのご紹介だったと思います。

英国映画が好き。そしてアイルランドの映画も好き。どこかストイックでフランスのシネマとはまた違うよさがある。アイルランドは、決して豊かな国ではないのだろう。映像からでもそれはひしひしと伝わってくるし、アメリカにアイルランド系移民が多いこともそれを物語っている。
新約聖書に登場するマグダラのマリアは、イエスによって7つの悪霊を追い出してもらった女性で、後生ではいわゆる「娼婦」で男性たちに自分自身を商品化しなければ生きていけなかった女性であると言われていることが多い。しかし聖書にそのような直接的な記述はない。後にイエス・キリストに出会って弟子になり、カトリックでは聖人と崇められている。フランス語ではマドレーヌ(パリのフォーレゆかりの教会はこの名前)、ドイツ語ではマグダレーナ。バッハの二人目のパートナーもマグダレーナという名前だった。

マグダレン修道院は、アイルランドにあった実在の修道院。そしてこの映画に描かれている衝撃の事実もまた実話であるという。ただし映画は過酷な様子を伝えているにも関わらず、どこか重苦しくない要素もあってそれがとても不思議だ。「女性」ということのよさを1点だけあげるとするならば、それは恐らくSister hood。同じ女性として共通の痛みと苦しみを抱えながら、共感し励ましあっていくこととでも言えばよいだろうか。
修道院とは名ばかりで、実態は性的に歪められた女性たちが収容された刑務所さながら。しかもそれらは、婚前交渉、レイプ、未婚の母、美しくて他人の目を引く・・など、必ずしも本人のみの責任や罪ではないのに収容された女性たちばかり。

More
[PR]
by mt-musique | 2006-07-07 16:29 | Hymn(賛美歌)

「炎のランナー」 賛美歌『神はわが力』『Jersalem』

c0045169_2291045.jpg

1年でもっとも時間のあるこの時期。昨年の秋・冬にたまりまくったハードディスクレコーダーに録画済みの映画やオペラを観ている。次年度の講義準備も兼ねて、久しぶりに「炎のランナー」を再鑑賞した。音楽をメインに鑑賞すると、以前は気づかなかった要素がたくさん発見出来て楽しみも2倍である。

映画の舞台は1920年代のパリオリンピック。20世紀に入って19世紀末芸術や文化も終わりを告げ、ロシア帝国の終焉や第1次大戦を経験した不安な時代のヨーロッパ。ケンブリッジ大学に入学した秀才ユダヤ人青年エイブラハムと、もう一人はスコットランドの宣教師の息子で自身も宣教師のエリック。中国で生まれ、彼もまた中国への宣教に向けて燃えている。この二人がオリンピック出場へ向けて、それぞれに紆余曲折を経ながら闘志を燃やす。
19世紀から20世紀へかけての風俗は過剰なほどに美しい。今ちょうど鑑賞中の「赤い風車(いわゆるムーラン・ルージュ)」では19世紀末から20世紀へ移り変わるパリの様子と、画家ロートレックの生涯を扱っている。あのパリのエッフェル塔が完成したのが、1889年のパリ万博だと言うと時代の想像もしやすいだろうか。

時にフランスのシネマよりも英国映画が好きだ。どこか控えめでどこか分かりやすい部分が好みなのかも知れない。この映画はキリスト教の信仰や知識と、そしてスコットランドへの愛情や知識がある人にはなお楽しめる。ユダヤ人青年エイブラハムが日常的・間接的に受けている人種差別と苦悩、そしてスコットランドの美しさ。あの特有のグリーンは何とも言えない。気候が創り出す美しい丘や山々がつらなる。世界遺産エディンバラの魅惑あふれる街並みも、2度訪ねたものにはたまらない。

音楽をメインに観ていくと、新たな発見がいろいろあった。あまりにも有名なヴァンゲリスのテーマ曲であるが、改めて観ると音源のせいなのか、ある時代のもの・・という感は否めない。新しいアレンジで聞いたみたい気もした。
ケンブリッジ大学内(実際は別の大学で収録されたそうだが。詳細はこちらのサイトへ)チャペルで聖歌隊によって歌われるアレグリのミサ曲。ウェストミンスターの少年聖歌隊を思い起こした。
ある食事の風景で背景に何気なく品のよいリードオルガンが映っていた。その後しばらくして、今度は礼拝でリードオルガンの奏楽だった♪ 歌われていた曲は『神はわが力(Duke Street)』讃美歌21・457である。
スコットランド対フランスの競技シーンでは、さり気なくバグパイプによるフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』が奏でられ、ラストシーンでは賛美歌『Jersalem』がパイプオルガンの奏楽の元に壮大に奏でられて終わりを告げる・・。この曲は、英国の歌手シャルロット・チャーチのディスクにも収録されている。

英国の美しさと共に、アカデミズムのヒエラルキー、国家と個人・宗教の関係、また英国は「アングロサクソンとキリスト教徒の国」という課題も見事に浮き上がらせた名作。
ちなみにタイトルの「Chariots」は、黒人霊歌でも『Swing low,Sweet Chariots♪』と歌われているが、戦車や馬車のこと。ユダヤの民にはなじみのある単語である。
[PR]
by mt-musique | 2006-02-13 22:48 | Hymn(賛美歌)

映画「さよなら、子どもたち」

c0045169_14544499.jpg

日本の敗戦記念日にあたる8/15、久しぶりにルイ・マル監督の「さよなら、子どもたち」を観た。以前はフランス語はまったく分からない頃に観たのだが、片言でも単語が分かる今改めて再鑑賞出来たことに感謝だった。 そう言えばこの映画は、過去に友人ブルーノさんが紹介してくださったのかもしれない。

映画監督ロマン・ポランスキーが自身や家族のホロコーストや強烈な戦争下での差別体験と重ねて「戦場のピアニスト」を映画化したように、この作品もルイ・マル監督の自伝的要素が強いと言われている。
戦時下のカトリックの寄宿制学校に、ある日転校生がやってくる。彼は後に分かるがユダヤ人であった・・。

戦争の悲惨さをとても淡々と、そして残虐なシーンはほとんどないままに綴られている。描かれている日常は美しくさえあり、子どもたちはどんな時も元気でやんちゃ。そのあたりは「ぼくの神さま」にも通ずるものがある。

このストーリーは実話をベースにしていて、実際ユダヤ人少年をかくまったレジスタンスとも言える校長(修道士)は後に密告によりとらえられ、子どもたちと共に収容所で命を落とす・・。

続きを読む
[PR]
by mt-musique | 2005-08-18 14:49 | Hymn(賛美歌)

MR.Beanの大冒険 ~賛美歌「つくられたものは」他

c0045169_15103077.gif

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
昨日ようやくコンサートを1つ終えまして、かなり安堵モードです。しかしお陰様で、GWは私にはありませんでした・・(笑)。

今頃なのですが、コンサートの準備で疲れている時、スカパー!で放映されていたMR.Beanにすっかりはまってしまいました。以前見かけた時も「これ、絶対いい。録りたい!」と思っていたのが今日ご紹介するものです。

MR.Beanは英国的ジョークやブラックユーモアが満載です。体は大人だけれど、中身は子どものまま・・という男性。
日本語のタイトルでは「MR.Beanの大冒険」というタイトルに収録されているようですが、その中のPart2に彼が教会へ行くシーンがあって、これがもう抱腹絶倒で大笑いです! そしてキリスト者にとっては、実は初めて教会にいらした方への配慮がちゃんとありますか?というさりげない問いかけにもなっているように思えて、なかなかよいです。大笑いしながら、礼拝学の学びの時などにみんなで観るのもよいかも。よし、今度実行しよう。

続きを読む
[PR]
by mt-musique | 2005-05-08 14:54 | Hymn(賛美歌)

実写版「フランダースの犬」

(画像はベルギー・ゲントのバーフ聖堂にて。ルーベンスの「聖バーフの修道院入堂」)
c0045169_0142036.jpg

あまり時間もないのに、つい予約録画をしたものをそのまま観てしまった・・。でも録画すると「いつか観れる」と思ってそのままなことも多いので、「観る」という点ではよかったのかもしれない。

有名な「フランダースの犬」の実写版。前半は非常に美しく物語が再現されていてそれなりによかったのだが・・肝心のラストにがっかりさせられた。
何とルーベンスが現れて、ネロを天国を連れて行くのだ。しかもさっぱりドラマティックではない。
これだったら「ネロは死にませんでした。アロアと結婚して、幸せに暮らしました」のがよっぽどいいかも・・とちらっと思ったのだが、何とこの映画はハッピーエンド版と2つのパターンがあるそうだ。恐るべし。(詳細はこちらへ。)

かつてイタリア旅行のはずが、何故か友人の都合でベルギーになってしまった。ベルギーのことはほとんど何も知らずにいたので渡欧前に調べてみたら、日本ではこんなにも有名な「フランダースの犬」が実は現地ではあまり知られていなかったこと、そしてパトラッシュはアニメとは違う毛の長いフランドル犬であることが分かり非常に興味を覚えた。
ベルギーはブリュッセル、ゲント、ブルージュのみで物語の舞台のアントワープは残念ながらまだ未踏の地であるが、いつかぜひ訪ねたい。

このブログとの関連では、クリスマスのシーンで賛美歌がちらっと登場する。「きよしこの夜」と「もろびとこぞりて」。でも本当にわずかで、紹介するほどではない。どうしてもヨーロッパ映画で英語圏以外の国が舞台の時、しょうがないのは分かるのだが英語だとがっかりしてしまう。意味は分からなくても、やはり原語がよいなぁ。

最近知人に頼まれて、スカパーであの名作「アルプスの少女ハイジ」を毎日録画している。大人になって観るとまた別の視点で大変興味深い。よく出来た作品であるが、時折大人ならではの疑問符もある。今の視点で見ると、ハイジはおばによって「虐待」にも近い扱いを受けたのかもしれない・・。
まだ10話分ぐらいしか観ていないのだが、山羊飼いペーターの生活に目を見張った。聖書では「羊飼い」のたとえが出てくるけれど、ペーターを見ていると羊飼いの解釈が少し変わったように思う。明日の子どもの教会では、DVDを見せながら子どもたちに紹介する予定だ。
ハイジが終わったら、今度は「フランダースの犬」も全話を録画したいなぁ。そうそう、ちなみにアニメ版「フランダースの犬」はネロの招天のシーンで、賛美歌「主よみもとに」が流れる。悪くはないのだが、カトリックの聖堂だからカトリックの聖歌の方がよいのでは??なんて、ヘンなこだわりも感じてしまった。
[PR]
by mt-musique | 2005-04-02 22:58 | Hymn(賛美歌)

映画「シルクウッド」 ~Amazing Grace

c0045169_2533752.jpg

SILKWOOD (1983) アメリカ
監督: マイク・ニコルズ Mike Nichols
脚本: ノーラ・エフロン Nora Ephron アリス・アーレン Alice Arlen
出演: メリル・ストリープ Meryl Streep
シェール Cher  カート・ラッセル Kurt Russell

カレン・シルクウッドという実在の女性と事件をモデルにした作品。いわゆる「社会派ドラマ」だが、事件を取り扱いながらも一人の女性を中心に描かれている。とにかく若き日のメリル・ストリープが光っている。キュートで、ちょっとガラが悪くてどちらも魅力的。タバコをふかすシーンが多いのと、それから下着(ブラジャー)を着けていないのは、当時の時代背景&流行なのか?
彼女はプルトニウム工場で働くごく普通の女性。仲間たちとたわいもない会話やジョークを飛ばしながら、日々の生活を送っている。カレンは離婚経験があり、3人の子どもの母親でもある。今は恋人とその姉(ダイク=レズビアン)との3人暮らし。
ある日親しい年上の女性が作業中に被曝をする。その様子を見ていたたまれなくなり、カレンはそばに行って慰め励ます。そんなカレンもある日作業中に被曝してしまったのだ・・。
身近に起こる作業中の事件や会社の態度から次第に不信感や疑惑を抱くようになり、彼女は労働組合に積極的に関わるようになって会社の不正を暴こうとする。
しかしそれと同時に、会社側による抵抗や嫌がらせも始まり、カレンはある日謎の死を遂げてしまうのだ。

Amazing Graceが登場する映画は、意外に多くはない。知らないだけかもしれないけれども、私の知る範囲では他には「背信の日々」という映画で、何とKKKの儀式のシーンで歌われるという衝撃的なものだ。またこちらも後日紹介したいと思う。

続きを読む
[PR]
by mt-musique | 2005-02-22 21:13 | Hymn(賛美歌)

映画「サンフランシスコ」 ~聖なる都エルサレム、主よみもとに、グローリー・ハレルヤ!



c0045169_1744779.jpg

1936年度 アカデミー賞 録音賞受賞作品
監督 W・S・ヴァン・ダイク
出演 クラーク・ゲーブルジャネット・マクドナルド
スペンサー・トレイシー、ジャック・ホルト
製作年 1936年 アメリカ

スカパーで初めてこの映画を見かけた時、中学生の頃からファンになってしまったクラーク・ゲーブルの粋な演技にうっとり・・。ダンディなのにどこか少年のような茶目っ気たっぷりの表情がたまらない。そして主演のメアリー役のジャネット・マクドナルドがオペラ劇場でグノー「ファウスト」のマルガレータ役を歌うシーンにさらに魅了させられた。この「ファウスト」の演出は私が知っているものよりもクラシカルなものだったけれど、それがまたよかった。マルガレータは、パリのバスチーユで観たオペラとはまた違って、可憐で素朴な農村の娘のように描かれていた。

続きを読む
[PR]
by mt-musique | 2005-01-29 17:26 | Hymn(賛美歌)

お気に入りブログ

最新のトラックバック

コスチューム コスプレ衣..
from コスチューム コスプレ衣装通..
アランのバッハ:トッカー..
from クラシック音楽ぶった斬り
コンスタンティン(CON..
from 映画にみるキリスト教文化と聖書
適性検査と就職活動
from タウンワークで満足できないあ..
最後の誘惑
from AML Amazon Link
偶像崇拝と啓示宗教
from 心の幸福と宗教の世界
ヴェルディ レクイエム
from 人気Blogランキング[今週..
★★★★「ユダヤ商法」ラ..
from 本のソムリエの読書日記
『さよなら子供たち』、ペ..
from Be Makkou - 微抹..
ことの終わり
from Be Makkou - 微抹..

ファン

ブログジャンル

画像一覧