シネマとキリスト教音楽


映画に登場する賛美歌やキリスト教音楽の紹介です。シネマには、キリスト教のテイストがいっぱいです☆
by mt-musique
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シネマとキリスト教音楽

この秋と冬も、様々な場所で演奏の機会を与えられまして忙しくも元気に過ごせましたこと、心から感謝です♪
ようやくあれこれが落ち着きまして、スカパー!で録画をしたドイツ・ライプチヒのトーマス教会合唱団、オルガンはウルリヒ・ベーメ・・という素晴らしい組み合わせのクリスマス・コンサートを鑑賞したりしています。初ドイツ旅行の際に訪れたトーマス教会、大好きな聖堂の1つです。

非常勤をさせていただいている講義なのですが、次年度はテキストの変更をしようかと考え中です。3年間はキリスト新聞社から出ている「よくわかるキリスト教の音楽」(今橋朗・川端純四郎・長谷川朝雄)を用いました。これは薄いのですがコンパクトで分かりやすく、愛用させていただいてこのテキストに関しては一応の完成を実感できたので、今年は川端先生の「CD案内 キリスト教音楽の歴史」(日本キリスト教団出版局)を用いました。こちらは前者に比べるとより専門的で私自身も大変勉強になったのですが、ただ全部行っても15回前後の講義(私は後期のみなので)ではちょっと情報量が多いのです。来年も再チャレンジしてもよいのですが、「来年も続けられるならば、今度はこれにトライしたい」と思っていたテキストが。それは栗林輝夫さん著の「シネマで読む新約聖書」です(旧約編もあり)。聖書学から映画へのアプローチを試みていますが、音楽的なアプローチは自分でするのなら面白いかなぁと。どうせなら多い人数の学生にも受講して欲しいですし。(^▽^)ノ
c0045169_1593511.jpg

c0045169_205426.jpg

今改めて本を眺めていたら、全部で11章でちょうどよいかも! 取り上げられている映画は以下の通りです。観たものは○、まだのものは×です。△は一部を観たもの。



1.予告編・映画館にて
 ターミネーター ○
 グリーンマイル △
2.『E.T.』で読むイエス・キリストの生涯
 ジーザス・クライスト・スーパースター ○♪ 舞台も観た
 E.T. △ 実は全部通しては観てない・・
3.映画が描くさまざまなキリスト
 エヴァンゲリオン ○ 全話ではないですが。以前も講義で少し使いました
 デッドマン・ウォーキング ○
 偉大な生涯の物語 ○ いわゆるハリウッド的だが、全体にロケーションが美しい
 キング・オブ・キングス ×
 マルコムX △ 連れ合いが鑑賞しているのをちらちら。デンゼル・ワシントンが激似でびっくり!
4.受胎告知・見よ、おとめが身ごもって
 奇跡の丘 ○ 今年観たお気に入りの1つ
 ナザレのイエス × ゼッフィレッリだっけ?
 サウンド・オブ・ミュージック ○♪ これは修道院の生活の紹介でも使っています
 マイケル × ぜんぜん知らない。ジョン・トラボルタ演ずる堕天使だそう
  関連で言うと、最近観た「天使もの」のお気に入りは、「ドグマ」と「コンスタンティン」です。
 ベルリン・天使の詩 △ 静かで不思議な感じの作品。好きです♪
5.誕生からヨルダン川での受洗まで
 ターミネーター2 △
 オ-メン 最後の闘争 × 苦手かも・・
 ファースト・ワイフ・クラブ △
 ディアボロス 悪魔の扉 ○
 エンド・オブ・デイズ △
 ブック・オブ・ライフ ×
 愛の嵐 × このあたり、全滅ですねぇ
6.イエスのさまざまな活動と宣教
 尼僧物語 ○♪ 大好きです。講義でも紹介しました
 8月のメモワール ○ 観たけれど忘れた・・ フランス映画?
 野のユリ ×  →でれすけくんのお薦め!
 雨 ×
 ブラックウォーター ×
 ショーシャンクの空に ×
 ボルケーノ △
 薔薇の名前 ○ これもいいよね
7.イエスと12人の弟子たち
 レザレクション ×
 バベットの晩餐会 ○ これはとてもよいです。北欧の静かで厳しい作品、好ましい。
 インディ・ジョーンズ最後の聖戦 ○
 生きてこそ ○ これはすごかった! 人肉を食べて生き延びる実話です。日本の小説「ひかりごけ」もよいですね。
 ブレイブハート ○♪ スコティッシュなお話がステキでした。タータンの柄も渋かった。
 アマデウス ○♪ もちろん!
 ミミック ×
 12人の怒れる男 △ 舞台は観ました
 マトリックス ○ 私にはよく分からない世界。連れ合いが大好きです
8.イエスの受難と死
 ソフィーの選択 ○ 戦後アメリカとナチスドイツ政権下、ポーランドのアウシュヴィッツ収容所の話。悲惨な筋書きとは対照的に、メリル・ストリープが大変美しい。
 パッション ○ 映画館で観たけれど、あまり好きじゃない
 バラバ ×
 ベン・ハー ○
 フランチェスコ ○ 映画館で観た
 奇跡の輝き ×
 最後の誘惑 ○♪ 好きな作品。ウィレム・デフォーがステキ
9.イエスの十字架降下と復活
 フランダースの犬 ○♪ 映画もアニメも。今年も一部紹介しました
 ウエスト・サイド物語 ○♪ バーンスタイン最高です
 タイタニック ○ 映画館で観たけれど・・うーむ。
 ポネット ○ 主役の少女が素晴しい。子ども故のピュアさと残酷さがよく出ている。
 スター・ウォーズ ○ 中学校の時、全校生徒で。この頃からハリソン・フォードに惹かれる
 ブック・オブ・ライフ ×
 ニュー・シネマ・パラダイス △  テーマ曲は、ヴァイオリンの伴奏で弾きました♪
10.パウロの思想と生涯
 クオ・ヴァディス ×
 コンタクト ○ これは好きです。ジョディ・フォスターいいですよねぇ
 セブン △
 天使の贈り物 ○ 原題は『牧師の妻』ですって。へ~。
 アミスタッド ○ 黒人奴隷の話。スピルバーグ作品です
 禁じられた遊び ○ モノクロの美しい映画ですね。また観たい・・
11.黙示録思想と世界の希望
 第7の封印 ○  ベルイマン! モノクロですが、「暗黒の中世」がうまく描かれている。
 博士の異常な愛情 △
 第7の予言 ×
 ヘブンズ・ゲート ×
 アルマゲドン ○ 映画館で観たけど、テンポが速くてあまり好きじゃない
 スカーレット・レター ×
 風の谷のナウシカ ○
 北斗の拳 ○ 全話じゃないけれど

こちらにアップしたのは目次にあげられていた映画ですが、本文にはまだたくさんの映画紹介もありました!
[PR]
by mt-musique | 2005-12-21 01:20 | おしゃべり

お気に入りブログ

最新のトラックバック

コスチューム コスプレ衣..
from コスチューム コスプレ衣装通..
アランのバッハ:トッカー..
from クラシック音楽ぶった斬り
コンスタンティン(CON..
from 映画にみるキリスト教文化と聖書
適性検査と就職活動
from タウンワークで満足できないあ..
最後の誘惑
from AML Amazon Link
偶像崇拝と啓示宗教
from 心の幸福と宗教の世界
ヴェルディ レクイエム
from 人気Blogランキング[今週..
★★★★「ユダヤ商法」ラ..
from 本のソムリエの読書日記
『さよなら子供たち』、ペ..
from Be Makkou - 微抹..
ことの終わり
from Be Makkou - 微抹..

ファン

ブログジャンル

画像一覧